私の人生観を変えてくれた販促品の想い出

私が、青森県にある住宅販売会社の営業職だった10年程前の事です。

その日は、真冬の1月中旬でしたが、気温は氷点下5℃で街は雪こそ少ないものの、全てが凍てついていました。

そんな中、私はチラシと名刺を挟んだポケットティッシュを、色んな家の玄関先のポストに入れて回りました。

なるべく、公務員の官舎や集合住宅に配るようにしましたが、何分田舎過ぎる場所ですのでその数は少なく、殆ど手当たり次第という感じでした。

普通、ポスティングをしていると嫌がれらたり苦情が出たりするものですが、あまりの極寒の中の為、皆さんがとても心配して下さり、「そんなことやってたらしばれて死んでしまうだべ。」と言って、とても心配して下さったことを覚えています。

そんな風に極寒の中で頑張った甲斐があり、私の元に何軒かの住宅購入の問い合わせがあり、展示場へご案内して注文住宅を数件受注契約することが出来ました。

とても嬉しかったですし、苦労が報われた達成感で、私の心は本当に満たされたものです。

人間辛くても、歯を食いしばって頑張れば報われるものだと、これまではあまり信じていなかった事を、心の底から感じて嬉しかったです。

もう住宅営業職に戻る事はありませんが、私の人生観を変えてくれた販促品の想い出です。

[スポンサーPR] espi.jp